前へ
次へ

不動産業界に置けるデベロッパーの力

不動産業界のうち、建物を企画し、販売して売るのがデベロッパーです。一戸建て住宅やマンションの建設や分譲から、オフィスビル、ショッピングモール、ホテルまで様々な形態の建物に関わります。土地を買うことから始め、建物のコンセプトを企画し、開発や建築の許可を得て、実際の建設を行い、販売することまで一括してデベロッパーが行います。オフィスからレストランやショップ、ホテルやマンションまで入っているような大きなビルを企画し、建設し販売する仕事はまさに街づくりと言えます。マンションについて言うと、建設企業が同じで広さや間取りが同じくらいでも、受け持つデベロッパーによって全く違う雰囲気の建物になる事例は多くあります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

不動産の所有権を得た時には取得税がかかる

不動産を取得した時には不動産取得税がかかります。取得というのは土地や家を購入したり、親から贈与を受けたりして所有権を得た場合です。この場合、登記してあってもしてなくても所得税がかかります。またどのような方法で取得しようが、有償であろうが無償であろうが関係なく税を支払わねばならないのです。不動産を取得した日から60日以内に、所在地の役所に申告書を提出することになります。もし期限内に提出しない場合は、税の軽減措置や課税免除などの適用が受けられなくなることがあります。以上のように不動産の取得には取得税がかかるのですが、相続した場合は非課税になるので取得税はかからないのです。また家や土地の購入価格が規定よりも低い場合も税金はかからないのです。

Page Top